小学校教員

1年次

1年次では、「スタディスキルズ」といった大学での「学問の学び方」を学ぶ科目があります。
また、教員免許を取得するために必要な共通の科目である教職専門科目では「教育・学校心理学」「教職概論」があり、大学教育への導入や、教養教育を中心に学びます。

2年次

2年次からは、子どもの発達と教育,教科に関する基礎的な理論を学びます。子どもの発達と教育について,「現代教育学概論」「教育政策と法概論」「発達心理学」「教育相談・進路指導」等の教職専門科目,教科の目的,内容,方法等について,「小学校国語」「国語科教育法」「小学校算数」「算数科教育法」等の教科専門科目,(初等)教科教育法に関する科目が開講されます。

3年次

3年次では、2年次における学習の成果を基礎として、本格的な専門教育が開始されます。
学校教育コースの場合、教育学または教育心理学の各専門分野について、教科教育コースの場合、教科の基礎学問またはその教育方法について、所属する研究室において、演習、実験等、少人数による教育が始まります。

4年次

4年次では、学びの集大成として、「卒業研究」と「教職実践演習」があります。
「卒業研究」では、理論的知識を自ら深めるための方法、その成果を他者と効果的に共有する方法を修得します。
「教職実践演習」では、それまでに学んだ教職専門科目や行った教育実習を振り返りながら学校現場の課題について演習を行い、教職に関する科目のまとめを行います。
いずれの科目も,「学び続ける教師」となるための重要な基礎となります。

Top