教員採用に向けて

教員採用試験、こんな準備をしてきました

試験当日のイメージをすること

Q.採用試験に向けてどのような準備をしましたか?

A.教員採用試験突破に向けては、自分が志望する自治体や出題傾向が似ている自治体の過去問題に取り組むなど、実践形式で勉強を進めました。また、記述が苦手だったため、大学入試対策の勉強で使用したテキストを再び解き、多くの文章に触れる時間を確保しました。1日に最低でも3時間は勉強する時間を確保できるよう、長期的なスパンでスケジュール管理をしておくと、本番前に勉強不足で焦らずに済むと思います。

Q.どのようなサポートをうけましたか?

A.教員採用試験対策として開催されている講座では、面接練習や模擬授業実践を試験本番さながらに取り組むことにより、緊張感を味わいながらも試験当日のイメージをすることができました。また、教職支援センターでは、3年生の3月から小論文の添削をしていただきました。様々な課題の小論文に挑戦することで、小論文の対策としてだけでなく、面接における話の柱をいくつも作ることができたように思います。実際に小論文の練習で書いた内容が面接本番で尋ねられたので、じっくりと時間を掛けて小論文の対策を行っておくと良いです。

Q.これから教員採用試験を受験する後輩へ向けてのメッセージ

A.このメッセージが、少しでも教員採用試験を受けるみなさんの力になれば幸いです。

(国語教育専修 平成31年3月卒業)
平成31年度 富山県公立学校教員採用選考検査
中学校教諭合格 藤野 拓海

  • 教員採用試験への準備

    公立学校教員の採用/私立学校教員の採用/幼稚園教諭の採用について

  • 求められる教師像

    新潟県が求める教師像と新潟市が求める教師像について

  • 教員採用試験のサポート体制

    教員採用試験へ向けた講座/教員採用試験対策支援/教職サポートルーム/全学教職支援センター

  • 臨時採用教員(講師)について

    新潟県内の臨時採用教員(講師)募集についての案内

Top