/a>

新潟大学教育学部を応援します

電話でのお問い合わせはTEL.025-263-6760

〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050 新潟大学教育学部内

事務局よりinformation

平成30年度新潟大学・全学同窓会交流会

平成30年10月20日(土)ANAクラウンプラザホテルにおいて交流会が開催されました。
教育学部同窓会からは13名が参加しました。(今年度は理学部が主管でした。)

第1部の講演会では、
「南極における地球科学研究の最前線」という演題で、本吉洋一先生(国立極地研究所教授)からご講演いただきました。南極観測11回のご自身の体験と映像で私たちを未知の世界に誘ってくれました。「南極は地球のタイムカプセル」というテーマのもと、南極の氷床、隕石、超大陸という三つの切り口からのお話は驚きに満ちたものでした。また「南極の領有権を主張する国々の意図とは?」「もし、南極の氷が全部解けたら?」などの問いかけには、現在世界が直面している問題を垣間見る思いでした。本当に楽しいひと時でした。
 
講演の後は、田中幸治先生(新潟大学人文社会学系<教育>准教授)のピアノ演奏によるミニコンサートでした。
ショパン、シューマン、ベートーヴェン、ドビュッシー、ガーシュインの演奏は参会者の心に心地よく響き渡りました。クラッシックの素晴らしを再確認した時間でもありました。

第2部は懇親会です。
大学の先生、同窓生、協賛企業の方々など200名以上の人たちが学部の枠や世代を越えて懇親を深めました。

来年は、10月19日(土)に同じ会場で開催されます。是非ご参加ください。


「第45回 同窓生の集い」

平成30年9月29日(土)、アートホテル新潟において「第45回 同窓生の集い」が開催されました。

第1部の講演会では55名の参加者があり、橋本先生の楽しいお話に聞き入っていました。今回は、20代の若い先生方が10数名参加し、さらに教職大学院生や教育学部の学生さんの参加もあり、いつも以上に熱気あふれる会となりました。

「ドラマをつくる」〜教育実践,特別活特別活動の醍醐味〜と題した、講師の橋本定男先生のお話は、講演というより軽妙なトーク番組に参加しているようで、あっという間の90分でした。笑いあり、ドキドキするような具体例ありで、しかも実際の授業や体験に裏付けられてるため、自分も挑戦してみたいという思いを抱かせる夢や希望に満ち溢れた内容でした。

第2部の懇親会は、39名の参加者が集い、楽しいひと時を過ごしました。この会には、新潟大学教育学部副学部長の八坂剛史先生、教育学研究科長の宮薗衛先生、副学長・副研究科長の小久保美子先生のご臨席も賜り、講師の橋本定男先生を囲み、同窓生の絆を一層深めることができました。

さて、来年は、どんな講師先生をお迎えできるでしょうか?楽しみにしていてください。

第2回カミングホームディ開催


平成30年8月25日(土)の午後、じょいあす新潟会館においてカミングホームディを開催しました。
柴田学部長、八坂副学部長、宮薗教育学研究科長はじめ18人が参加し、懇親を深めることができました。
卒業生の皆さんからは、現在の様子や要望等を語ってもらい、大学の先生方や同窓会の皆さんからは、激励の言葉、自らの体験やアドバイスを含めた自己紹介をしてもらいました。

2時間30分の楽しい語らいののち、来年度は新しい仲間が増えるといいね、と口々に話しながら会場を後にしました。


来年度は、もっと多くの皆さんの参加を              お待ちしております      


平成30年度 評議会

 平成30年6月9日(土)、教育会館において「平成30年度の評議会」を開催しました。
 始めに副学部長の八坂剛史様からご祝辞を頂き、新潟大学教育学部の現在の状況を確認いたしました。その後
29年度の会務報告・会計決算報告、30年度の活動の重点、同窓会会則の変更、各部の事業報告と計画、予案を
審議し、承認されました。
 今回は、教育学研究科(教職大学院)への助成とそれらに伴う会則の改正について、会長から提案がなされ、
協議し、承認されました。今後、基本的な考え方や助成金の運用について大学と十分な協議を重ね、有意義な事業となるよう努めていきます。

 3時からは、2会場に分かれ、「支部長会」「学科代表者会」を開催しました。
 「支部長会」では、学校会員名簿の共有化(事務局と支部長)、名簿提出の時期(3月から4月へ)など組織の
充実と強化について熱心な話し合いがなされました。
 「学科代表者会」では、各科の活動計画予定を紹介する中で、会員の動静が分からない、大学の学科改編により学科自体がなくなってしまった。などの悩みや課題についての話し合いもなされました。









第2回本部会
3月3日(土)、午後1時より教育学部D棟206室において、第2回本部会を開催しました。
 平成29年度の事業・活動報告及び次年度の活動方針、事業計画について協議を行いました。
 会長より教職大学院の奨学金基金への拠出、会則の改正についてが検討課題として出され、協議
を行いました。次回、平成30年度の第1回本部会に正式に協議することになりました。平成30年度
の第1回本部会に於いて再度、新年度の事業・活動案を策定し、6月9日(土)に予定の評議会にお
ける承認決議を経て円滑に事業を進めるべく準備をしています。

     




☆学部との懇談会・懇親会☆ 有意義に終了! 

 ~学部と同窓会の連携からイノベーションを〜

 1月18(木)、午後6時20分より「じょいあす新潟会館」において「新潟大学教育学部教員・職
員と同窓会役員との懇談会・懇親会」を開催しました。学部側からは柴田透学部長様をはじめ。13名
の教員・職員の方々からご出席をいただきました。同窓会側からも、臼杵勇人会長以下、13名が
出席
しました。
 
◇懇談会◇
〜情報の共有化と組み合わせの工夫に基づく連携強化を〜         
 永井高志交流部長の進行のもと、約1時間の懇談会を行いました。同窓会長の挨拶の後、柴田学部長様
からもご挨拶をいただきました。
 同窓会長からは、教員の過労死問題、いじめ不登校問題等、教育現場での現状の一端について情報提供
供がありました。また、学部との連携に関して、今年度初めて企画した「カミングホームディ」と「教職
大学院の学生対象の育英制度」の立ち上げについての話がありました。
 
〇次年度の「カミングホームディ」に向けて、卒業時にそれぞれの学科(専攻)の代表を選出して、卒
  業後の横の繋がりを持てるようにしてほしい。
 〇教職大学院の育英制度についてその基金への協力に関して、次回の本部役員会で検討する

 柴田学部長様からは、文部科学省の教育改革に対する新しい考え方にある「イノベーション」という概念ついてのお話をいただきました。
 
〇イノベーションという言葉は、オーストラリアの経済学者シュンペンターが定義した。
 〇イノベーションとは、自由な発想で多様なものをうまく組み合わせ、新しい技術を生み出すこと。

 ご挨拶の締めくくりに、
 「学部と同窓会も組み合わせを工夫して、よりパワーアップを図れることを期待したい。」
と連帯、連携への力強いお言葉を賜りました。
 情報交換では、同窓会の各事業の概要説明を各専門部長、事務局長より行いました。学部からは、学部
長様及び副学部長岡野勉様より大学・学部の現状や取組、卒業生の就職状況等について資料を通しての情
報をいただきました。教員採用試験については、新潟市及び新潟県とも近年の合格率を維持、向上の傾向
を保っているとのことでした。

◇懇親会◇
 
〜一層の連帯と絆を固める意見交換、情報交換の場として〜
 懇談会後、会場を移して懇親会を持ちました。学部より学部長様以下8名の先生方、同窓会側からは会
長以下11名の役員が出席しました。
 八坂剛史副学部長様より乾杯のご発声をいただき和やかな開宴となりました。個々のテーブル内で、或いはテーブルを移動しての酒席を通して親しく意見交換、情報交換を行うことができました。前段の懇談会では時間の制約もあり十分な意見交換ができなかった分を取り戻す貴重な場とすることができました。
 閉会に際しては、附属小学校長の宮薗衛様より万歳の音頭取りを担っていただき、今年度も有意義に会を終了することができました。 
 
  
 <懇談会>                 
        
   進行:交流部長永井高志      臼杵会長挨拶         柴田学部長挨拶
  
  <懇親会>

     
    八坂副学部長乾杯          〜歓談〜       高橋いずみ副会長閉会挨拶




 ◇インフォメーション◇

 ◇平成30年度小学校英語認定講習日程(案)◇

新報174号の「大学のコーナー」で加藤茂夫先生からご紹介のあった「小学校英語認定講習」の
平成30年の日程(案)をお知らせいたします。下記のPDFへのリンクでご覧ください。
 認定講習日程PDFへリンク


 ※なお、大学のホームページでに紹介は、4月になってからとのことです。下記にリンクを貼りました  のでご確認ください。(更新は4月になってからの予定
  

 免許法認定講習

 


 
◇ミニ・レポート◇
☆にいがた教育フォーラム☆
       〜in March 1018〜
平成30年3月3日 教育学棟に於いて
講演:10:30
   演題:学び続ける教師を支える教員養成大学・学部の改革
   講師:加治佐 哲也 氏  
(独)国立高等専門学校機構監事 前兵庫教育大学長
   
    <受付>        <開会・講演会>    <講演講師>

 ※午後から、プスターセッション、ラウンドテーブル(6部会)を開催。

☆第66回 書道科卒業・修了制作展☆
 平成30年2月16日(金)〜2月18日(日)、新潟県民会館3階ギャラリーに於いて、第66回
書道科卒業・修了制作展が開催されました。
 以下、2月17日(土)の午前11時〜12時の様子です。

    
  
  <お祝いの花・メッセージ>               <観覧>


作品紹介PDF




 ☆第66回美術科卒業修了制作展☆ 
 第66回美術科卒業修了制作展ミニレポートへリンク



☆第50回 書道科展☆
   
第50回 書道科展PDF        


 事務連絡・お願い



 <学校会員の皆様へ>
   
教育新報175号を7月20日に発送いたしました。

 

   なお、会費振込用紙も同封いたしました。
学校幹事の皆様には、
激務多忙な時期、大変、ご足労
  をおかけしますが、今後の同窓会発展に是非、ご理解とご協力を頂きたく存じます。よろしくお願
  いいたします。 
 
<個人会員の皆様へ>
   旧師範学校のご卒業生から平成年度ご卒業生まで、多くの個人会員の皆様方より変わらぬ温かい
  ご支援を賜りまして心より感謝申し上げます。今年度ご退職されました学校会員の多くの皆様から
  も新たに個人会員として引き続きご加入をいただきますようお願いいたします。
   

  


 <永年会員の皆様へ>
   転居の際には、ご面倒でも、事務局までご連絡ください。
   会報誌送付の際に住所変更はがきを同封しておりますのでご利用ください。
  
 


<住所変更届け(はがき)について>                    
  平成13年発行の名簿の巻末にある住所変更届けに記載されている事務局の住所は旧の所在地であ
 る
「西大畑町の附属特別支援学校になっています。現在、事務局は、五十嵐キャンパスの教育学
 部内にあります。古いはがきを使用するときは、宛先を書き換えてください
  
なお、住所変更届は、電話、FAX,Eメールでも受け付けます。 
               
                            


ページの先頭へ

新潟大学教育学部同窓会事務局


〒950-2181
新潟市西区五十嵐2の町8050
新潟大学教育学部内
TEL.FAX.025-263-6760