本文へスキップ

新潟大学教育学部を応援します

電話でのお問い合わせはTEL.025-263-6760

〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050 新潟大学教育学部内

同窓会長あいさつgreeting

母校の教員養成改革を見据え
         同窓会長  臼杵 勇人

 

日ごろより同窓会活動にご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。皆様のお蔭で、平成29年度に計画した諸活動を無事終えることができました。本当にありがとうございました。

平成30年6月9日、平成30年度の評議会を開催しました。教育学部副学部長の八坂剛史様の御臨席を賜り、本年度の活動の重点や各部の活動、予算案等を承認していただきました。

さて、皆様もご存じの通り、平成28年度に設置された教職大学院(正式名称は教育学研究科)が3年目を迎え、初めての修了生が現場に戻り大活躍しています。同窓会は、これまで設置や運営についてバックアップしてきましたが、今後も維持・継続・発展のための支援を推進したいと考えていますので、ご協力をお願いいたします。

そこで、教育学部同窓会の会則を見直し、教職大学院(以下、教育学研究科)生も同窓会会員とすること、また予算の面でも支援できる体制を構築できるようにすることを評議会で提案し、承認していただきました。

特に、予算面では教育学研究科の研究助成として80万円の拠出を新たに設けました。新潟県、新潟市の教育界をリードする優秀な教員養成に尽力願いたいと考えています。

八坂副学部長様から、平成31年度から、これまでの定員15名から20名に増やすこと、増える5名は、教育学部卒業生から募集することを教えていただきましたので、ますます教育学研究科の充実・発展が期待されるところです。

また、教育学部の状況では、教員養成改革が推し進められ、卒業生の50パーセントが教員採用検査合格という使命を果たすことを目指すそうです。そのため小学校教員養成を充実させ、40人の推薦枠を小学校教員希望に特化した募集に変えていくなどのお話を伺いました。

道徳の教科化、小学校の外国語活動・英語導入、特別支援教育の充実など、卒業生や修了生が教育学部や教育学研究科で学んだことが即、現場で実戦できる、即戦力になれる教員の養成が実現できるよう同窓会としても支援していきたいと考えています。

 最後になりますが、是非とも皆様にご協力していただきたいことを3つお願いします。1つ目は、「同窓生の集い」への参加です。元新潟市立小学校長の橋本定男様から御講演いただきます。お土産にクリアファイルのプレゼントも検討しています。2つ目は、「組織の充実と強化」です。支部活動や学科の集い、同期の集いへの助成を充実させたいと考えています。3つ目は、「広報活動の充実」です。教育新報をはじめとしてホームページの活用を充実させたいと考えています。「会員相互の親睦と資質向上を図り、母校の発展に寄与すること」を目的とした同窓会も63年目を迎えました。母校がより充実発展していけるよう、本年度も皆様のご理解とご協力をお願いいたします。



平成30年度 活動の重点

母校の教員養成改革の方向性を見極め,教育学部や教職大学院(以下正式名称・教育学研究科)と連携・協力しながら,同窓会としての支援方法を検討するとともに、同窓会活動の一層の充実を目指す。

1  「同窓生の集い」の充実

(1) 内容を講演会とする。

(2) 学科を中心とした絆強化の機会とする。

(3) できるだけ大勢の参加を目標に,講師,会場,時期を検討する。

2  広報活動の充実

(1) より親しまれる「教育新報」を目指し,内容の充実を図る。

(教育学部との連携の観点から,学部の状況,教官,教育学研究科等の情報も掲載する)

(2) 会員の情報提供及び情報交換の場として,ホームページの活用を図る。

3  組織の充実と強化

(1) 県外の同窓生同士のつながりを支援する。(同期の会への補助)

(2) 各部の事業や各学科・支部の活動を基に,会員の帰属意識の向上を図る。

4  大学との連携

(1) 教員養成改革の方向性に合わせて、母校の発展のための助言や支援方法を検討する。

(2) 教育学研究科の維持・継続・発展のための支援を推進する。

(3) 学生への支援並びに学部教官の同窓会活動への参加を働きかける。

(4) 学部と連携して「カミングホームディ」を開催し,教官との情報交換と絆づくりをとおして,同窓生としての帰属意識を喚起する。

5  全学同窓会との連携

(1) 平成30年度の全学同窓会交流会への参加を呼びかける。

(2) 「新潟大学カード」の周知を図り,加入者・利用者を増やす。

(3) 全学同窓会賛助会費の周知を図る。



このページの先頭へ

新潟大学教育学部同窓会事務局

〒950-2181
新潟市西区五十嵐2の町8050
新潟大学教育学部内
TEL.FAX.025-263-6760