教員紹介

神村 栄一 教授(研究者教員) かみむら えいいち

プロフィール写真

担当分野

第3領域(生徒指導・教育相談に関する領域)

研究内容及び指導内容

認知行動療法を基礎とした心理的支援・教育相談対応。認知行動療法を始め、解決志向な臨床心理学的技術が専門です。特に、児童期から青年期における多様な行動上の問題、集団不適応、心理的不調の持続などの未然防止、できるだけ早期かつ簡潔な改善解消の手だて、家族や他の地域サービスとの連携のあり方、問題の特性や介入効果を評価する技術などを研究しています。これらを基盤として、生徒指導や教育相談につながる、児童生徒個々の心理的状況から学級集団全体の状況を把握し解析する力、日常的な教育活動とリンクしたバランスの良い実践を計画・実行し評価・調整できるカを養成します。

その他

メッセージ 私は教員免許を持たず、教壇の上、は大学や専門学校しか経験ありません。スクール(学校派遣)カウンセラーとしてあちこちの小中学校にうかがい、教務室にも机を用意いただいた17年がある程度。不安症や強迫症、習癖、子どものうつ、家庭や親子関係の問題、いじめや荒れの理解と対応の経験があります。本大学院では特に、校内でのケース会議のもち方、および”結果にコミット”した?介入技術の活かし方についてこだわらせていただきます。