新潟大学教育学部芸術環境講座 横坂研究室
プロフィール著書論文アーツマネジメント系プロジェクトコラム「プリズム」担当講義リンク集
コラム プリズム

「新たなスタート」

松田珠実

2015年3月に新潟大学横坂研究室を卒業し、早いもので2ヶ月が経ちました。卒業後も研究室のみなさんのプロジェクトへの取り組みの様子を拝見させていただき、後輩のみなさんのご活躍にいつもパワーをいただいております。

 私は現在、新潟県上越市にある上越教育大学大学院に通っています。大学院では大学で専攻していた声楽の研究を更に深めることを大きな目標に、技術面の充実に努めることはもちろん、曲の分析や表現の工夫等の音楽面の研究にもより一層力を入れて取り組んでいます。また、教育大の大学院であることから、教育に関する学びも大変充実しています。実際の学校現場を想定した実践的な講義から学ぶことはとても多く、新たな発見に溢れる新鮮な毎日を過ごしています。

 ここ上越市は豊かな自然に溢れ、大学の近辺には上杉謙信公の居城として知られている春日山城跡があります。自然と歴史香るこの土地は、学びの場としてとても良い環境が整っていると感じます。毎日が忙しくもゆったりとした時間の流れるこの地で、これから自分がどのような新しい体験をしていくのか今からとても楽しみです。横坂研究室で学ばせていただいた多くの財産を胸に、何事にも決して妥協することなく、前向きに、そして精一杯楽しんで充実した大学院生活を送っていきたいと思っています。

 最後になりますが、今後も横坂研究室のみなさんの変わらぬご活躍を応援しております!みなさんが充実した学生生活を送られますことを願っております。

  
松田珠実 松田珠実
松田珠実

「社会人1年目」

倉島和加奈

 2015年に横坂研究室を卒業し、新社会人になって2か月半が経ちました。学生生活を懐かしく感じるという先輩方の言葉を、今身をもって実感しています。

 私は今、キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)に勤めています。一般財団法人長野県文化振興事業団が運営しており、定員2000名の大きなホールです。8~9月に行われるセイジ・オザワ松本フェスティバルの会場にもなっており、毎年全国から多くの人々が訪れます。

 現在は主に貸館業務、チケット販売、窓口対応や自主事業補助等の仕事を行っています。特に来館されるお客様と関わる機会が多いため、あらゆる不測の事態に対応できるよう、2か月たった今でもメモを取って勉強する毎日です。今まで気づけなかったことに気づくことができたり、そこから改善点を模索したりすることにとてもやりがいを感じています。

 さまざまな業務を経験させていただく中で少しずつではありますが、ホールがどのように運営されているのかを学ぶことができています。どのような人が利用するのか、公演に足を運ぶお客様はどのような人なのかを見ていると、それぞれのホールにそれぞれの役割があるということを考えさせられます。まだまだ伝えられることが少なくて申し訳ありませんが、今後も利用者の増加を目指して日々勉強していきたいです。そして将来的にはホールに独自の彩を与えられるような企画をしてみたいと思います。

 最後になりましたが、学生時代にひとつの公演を創りあげたという経験は、この先どんな道に進むとしても自分自身の力になると思います。是非今後の活動に全力で取り組んでいってほしいです。陰ながら応援しています。

  
倉島和加奈

「大学を卒業して」

三田真奈美

 2015年3月に横坂研究室を卒業した三田真奈美です。社会人になってからあっという間に2か月ちょっと経ちましたが、新潟で過ごした4年間がもうずっと前のことのようにも思えます。

 わたしは今、東京交響楽団でステージスタッフの仕事をしています。その仕事内容はステージのセッティングや楽器の運搬、団の楽器(主に打楽器)の管理など幅広く、この中で最も気を使って作業をしなければいけない仕事はステージのセッティングです。曲の編成に合わせたイスや譜面台を並べるだけではなく、どうやったら奏者が演奏しやすいのかということも考慮しながら配置します。同じプログラムを演奏するのは多くて2回まで、ほとんどの場合は1度演奏会が終わる毎にプログラムが変わるので、その度にすべての曲の編成を把握してセッティングをしなくてはなりません。最初は覚えることがたくさんあって苦戦しましたが、最近は少しずつ慣れてきました。

 また、わたしは地元のプロオーケストラ、足利市民会館専属プロフェッショナルオーケストラ「足利 カンマーオーケストラ」のステージマネージャーも務めています。このオケは2013年に発足し、今年の7月には第4回定期演奏会を行ないます。できたばかりということもあり、世間での認知度はまだ高くはありませんが、公民館でも公演を行うなどして地元のみなさんに愛される地域密着型のオケを目指して奮闘しているところです。

 今わたしがこのような仕事ができているのは間違いなく、新潟大学、そして横坂研究室で過ごした4年間があったからだと思います。大学生活は楽しいことばかりではなくもちろん辛くて悩んでしまうようなこともあると思いますが、大学生活で経験したことの中で、社会人になってから無駄になった経験は何一つありません。周りにいる仲間と一緒にぜひいろいろなことを経験してください。わたしもこれからも興味を持ったことには積極的にチャレンジし続けていきたいです。

  
コラムプリズム 次ページへ

コラム
「プリズム」

新潟大学教育学部芸術環境講座 横坂研究室 HOME サイトマップ お問い合わせ