新潟大学教育学部芸術環境講座 横坂研究室
プロフィール著書論文アーツマネジメント系プロジェクトコラム「プリズム」担当講義リンク集
コラム プリズム

 

ヨコケン卒業生 社会人生活マル秘レポート!!

 

横坂康彦

ヨコケンを卒業し、それぞれ社会へ旅立って行った研究室生たち。この度その卒業生から、さまざまな新生活体験談が届きました。彼らの勤務先は、教育関係では小学校〜高校、 大学の講師等、一般企業では、アート・マネジメント関係、楽器 店、プロ・オーケストラの事務局、文化施設、金融、保険など多岐に渡ります。後輩たちも、ぜひ就職活動の参考にしてください。

 

私の仕事

西尾葉子

みなさんこんにちは。今回は私がどんな仕事をしているか、お話したいと思います。私は現在、広告会社で働いています。「広告」といっても様々な種類があると思いますが、私の働いているところは「労働組合・非営利団体」を対象としています。なので特定の商品を売り出すための「広告」というよりは、伝えなければならないものを伝える「広報」を行っています。

この会社を選んだ理由は主に二つあります。ひとつめは、この会社だと幅広く学べる、と感じたからです。お客様から提案された仕事は「ノー」と言わない、とりあえずやってみる、というのがここの会社の姿勢です。紙媒体だけでなくホームページや映像を作る等多種多様な仕事があるので、それらをやっていくことで自分が成長できる、と感じました。ふたつめは、就職活動をしていく中で、ここの会社で「働いている自分」というのが、一番具体的にイメージできたからです。

その会社に運良く?入ることができ、現在は営業を行っています(まだ研修中ですが)。お客様は新規ではなく、前からお付き合いのあるお客様が多いです。お客様から「これを作りたい」と意見をいただくこともあれば、こちらから提案をすることもあります。「みゅーじっくろさき」広報紙作成でお世話になった印刷会社の方をイメージするとわかりやすいかもしれません。お客様の意見を聞き、それを形にしていく…そのようなことを行っています。

営業にも様々な知識が必要ですが、そのひとつに紙の種類と重さを覚えることがあります。私の会社の先輩は街中のチラシやポスターを触るだけで、紙の種類等を当てることができ(このチラシはマットコートの62.5kg…)、本当にすごい!と思います。

学ぶもことが多く、大変な面もありますが、日々様々なものを知っていくので、本当におもしろいです。しばらくは、とにかくばむしゃらに、自分を大切にしながらがんばっていこうと思います。

 

北方文化博物館でのあれこれ

田中茉莉恵

はじめまして田中茉莉恵といいます。横坂研究室を卒業して4,5年でしょうか。

さて、私の職場は新潟県の旧横越町にある「北方文化博物館」です。別名「豪農の館」。地主だった伊藤家の建物や庭などを保存・公開しているところです。「どうやってその職場を見つけたの?」とよく聞かれますが、なんのことはないハローワークの求人です。古い建物の一室が事務所になっていて、トイレも別棟です。冬はつらい。逆に夏は涼しくて緑が多く空気もきれいです。滝の音を聞きながら座敷で昼寝できたらどんなに幸せかと思います。

ここまで書くとなんだかゆったり仕事ができてうらやましい職場だな〜と思われますが、ゆったりとは程遠い毎日です。まぁ、どんな仕事もそうなのかもしれませんが。

ここの仕事は簡単に分けると次の三つです。総務(会計、管理)、企画営業(受付、売店、喫茶店、団体食堂等々)作事(庭の管理や清掃など)です。私は総務兼企画営業という曖昧なポジションにいて、入館予約の電話対応といった事務に加え、喫茶店でコーヒーを淹れたり、イベントの告知でテレビに出たり、他に貸しギャラリーや館主催のカルチャー教室の運営も担当です。その合間に展示替をしたり、イベントの準備をしたりといった仕事が入ります。このイベントというのが曲者でやたらと数が多い。館長の知り合いや出入りの業者さんが集まって楽しむ昔からのものから、新たな入館者獲得のための新しいイベントまで職員一同、溜息をつく量です。

ちなみに私の勤める本館の他に分館が二つあり、合計で50人くらいの人が働いています。約3分の1が正職員で他はパートさんです。最近同年代が増えてきましたが人生の先輩方がほとんどです。皆さん気立てがよく、野菜やおやつのおすそわけをくれるので一人暮らしの身としてはなんともありがたいです。

紹介になったかどうか不安ですが。今回はこのへんで。ではまたお会いしましょう〜

 

新生活で感じていること

和田千潤

みなさん、こんにちは!卒業して早2ヶ月が過ぎました。毎日楽しく社会人生活を送っています。今回は、次の3つのキーワードから私が社会人になってから大切にしていることをお話します!

(1)健康管理
現在、私は会社でさまざまなサービスの現場に関わっています。オフィスワークだけではなく、実際に施設に行くことも多く、毎日のシフトは朝始まり、昼始まりと不規則です。ここで大切なのが体調管理!!ヨコ研で養った体調管理能力は役立っており、まだ健康を崩していません。(後輩のみんなへ:ヨコ研にいれば、自然と体力、健康管理能力は身につくはずでしょう☆社会に出てもバッチリなはず!)

(2)PDCAワーク
この言葉、聞いたことありますか?ビジネスの世界ではよく使われている言葉です。私も社会人になってから知りました。PDCAワークとは……

P(Plan)→D(Do)→C(Check)→A(Action)
計画する→実施する→確認する→対策実行する振り返りのお気に入りグッズ

このサイクルを何度も回し続けることです。ふと聞くと当たり前かもしれませんが、振り返ってみると、「D→D→D→D」になっていることって結構ありませんか?私自身、学生時代を考えると目の前のものをこなすので精一杯でした。もちろん、目の前のものに取り組むことは大切です。でも、事前に明確な目標があり、取り組んだ後に振り返り、課題を一つずつ見つけて改善してまた計画していく…といった作業の積み重ねをしていけば、もっと大きな成功や満足感が得られると感じています。私も社会人になってから、気づきが生かせるようにパソコンやノートで日々の気づきなどを記録するようになりました。写真はそれらに使っているモノたち♪ デスクトップやノートの表紙は自分の好きなものにし、毎日開きたくなるような工夫もしています!

(3)アンテナ
最近の休日の過ごし方。以前から気になっていたコンサートシリーズに出かけたり、コンサートホールのレクチャーを受講したり、ふらっと行ってみたかったところに出かけてみたりしています。先週は鎌倉に出かけて大仏を見てきました!大学の時から行きたかったこと、やりたかったことを少しずつ実行中です。普段から興味のあることにアンテナを張っておくと空いている時間に困りません!

社会人生活は学ぶことも多いですが、毎日新しいことが学べるのでとても楽しく感じています。ヨコ研で学んだ「飛び込んでいく!」精神を持って今後も頑張っていきたいと思います。
それでは、今年のマネジメントプロジェクトにも期待しています!

 

社会人として感じること

野村麻子

私は社会人になって2ヶ月、机上の研修に励んで参りました。日々体験することは新しいことばかりで、毎日が本当に新鮮です。今は右も左もわからない状態ですが、いつか憧れの先輩にように営業の第一線で働けるよう、今できることを着実にこなしています。

また、社会人になり、これまで以上に「責任」という二文字を感じるようになりました。素敵なエピソードがあったので、ご紹介します。

私は毎朝、電車で通勤しているのですが、ある朝なにげなく席を譲った男性に「いつもお世話になっています。」と言われました。私は初め何のことやらわからなかったのですが、どうやらその男性は当社のお客様だったようです。私が胸に付けていた社章を見て、そう言ったのでしょう。私はその時初めて、自分が会社の看板であることを実感しました。

これから、大きな責任を背負って現場に出て行くわけですが、それに怯むのではなく、胸をはってお客様のもとへ行きたいと思っています。

そして、社会人になって感じることの二つ目は、大学の経験が今も活きているということです。学生時代、横坂研究室が取り組んでいる「みゅーじっくろさき」の活動で、私はさまざまな種類の仕事を経験しました。お客様の興味を惹くツール(広告)は何か考えること、さらにそのツールをいつ何処に持っていけば効果的か考えること。そして、関係者に対して、コンサート企画をプレゼンし、交渉する。駄目だしがあれば、要望に応えたプランに直して、再度売り込みに行く…

これらは後輩の皆さんが今、ちょうど行っていることですよね。このプロセスは、私が行う営業と似ています。つまり、後輩の皆さんが今奮闘している「みゅーじっくろさき」の活動は、きっと仕事で役立つであろう、ということです。そう自信を持って話していいくらいだと思います。

私は、これからも皆様のお役に立てるよう、日々精進して参ります。後輩の皆さんも、お客様の声に応える素敵なコンサートを実現させていってください。

 

皆様お元気ですか?

家後愛実

横坂先生,そして横坂研究室の皆様,お元気ですか。今年度のプロジェクトの進み具合はいかがですか。4年生の皆様は卒業研究に向けて奮闘していることと思いますが,困ったこと・悩んでいることはありませんか。先生は今でもタマゴ(注:卒業生が先生にプレゼントしたデジタルフォトフレーム)を見てくださっていますか。卒業してもさまざまなことが気になってしまいます。…親馬鹿状態?です。

私は現在,島村楽器株式会社に就職し,5月から音楽教室の運営を行っています。今は700人近い生徒様の顔とお名前を早く覚えられるように毎日奮闘しております。1歳からご年配の方まで実に幅広い年齢の方が通われていて,いろいろな方と接することができ,また皆様の音楽生活を応援・お手伝いしていくこの仕事はまさに私の天職だと感じています。失敗も多々ありますが、毎日が楽しいです。職場にて

先日はヴァイオリン科の発表会があり,司会・影アナから舞台裏での誘導・受付に渡るまで担当させていただきました。横研在籍時代に経験したことが現在に生かされていて、嬉しいな…と思います。発表会では舞台裏で緊張しながらも、堂々と演奏している生徒様の様子に大変感動しました。

まだまだ未熟者ですが,少しでも早く仕事に慣れ,もっと仕事が楽しめるよう努力していきます!(この気持ちは私が横研を目指していた大学1年の頃の気持ちに似ている気がします。)

新潟を離れた今,地酒や海鮮に巡り会えないのは残念ですが,美味しいお店を開拓中です!またプライベートでも音楽を再開予定です。(もちろんジャズです!)あとは20年度卒業生で「くろさき☆ちんどん」再結成プロジェクトを密かに計画中…?これからも横研パワーで頑張ります!

コラムプリズム 次ページへ

コラム
「プリズム」

新潟大学教育学部芸術環境講座 横坂研究室 HOME サイトマップ お問い合わせ