新潟大学教育学部芸術環境講座 横坂研究室
プロフィール著書論文アーツマネジメント系プロジェクトコラム「プリズム」担当講義リンク集
キリスト教音楽名曲CD100選(第4版)

『キリスト教音楽名曲CD100選』(第4版)

豊かな音楽の森のガイド

クラシックファンの多くは、知らないうちに典礼を歌詞とする合唱曲などに接しています。バッハの〈マタイ受難曲〉やモーツァルトの〈レクイエム〉などは言うに及ばず、オネゲルの〈交響的詩編・ダビデ王〉やシェーンベルクのオペラ〈モーセとアロン〉、ストラヴィンスキーの〈詩編交響曲〉などに至るまでその数は膨大です。本書は、それらのキリスト教音楽をCDで辿るためのガイドとして着想されました。CD1枚につき2ページの紹介記事という簡潔さです。もちろんオルガン音楽も含まれています。これを片手に、豊かな音楽の森を散歩してみませんか? 1995年の初版以来、4版を重ねました。

このページのtopへ

書評より

(1995年の初版に対し) 筆者が感心したのは、さすがにキリスト教関係者の筆が加わっただけに、一般の音楽学者や評論家の手になる書物に比べて、教義や典礼に関する歴史や方法が詳述されていることだ。さらに最後の章である「賛美歌とクリスマス・キャロル」で掲げられている現代の賛美歌や霊歌、日本のオルガン音楽といった項目は大変珍しく貴重でもある。 -中略- この書を契機に宗教音楽に対する偏見がなくなり、愛好者が増えることを期待したい。
(『音楽現代』1995年11月)   

 

「魂の言葉」と著者たちが表現する宗教音楽の広大な森をガイドする一冊だ。読んでから聴くもよし、聴いてから読むもよし。
(新潟日報朝刊、1995年10月18日)  

  

これは聴きどころを中心とした宗教音楽への入門書としてことによくできており、音楽史中心のキリスト教界で従来類書が無かっただけに高く評価されるべきだろう。
(月刊『本のひろば』1995年10月)

 
著書一覧へ戻る

このページのtopへ


新潟大学教育学部芸術環境講座 横坂研究室 HOME サイトマップ お問い合わせ