長澤研究室の紹介

1.研究内容
2.担当
 (1)教職大学院
 (2)学部:特別支援教育専修

授業の資料
0.ガイダンス
1.特別支援教育
2.知的障害(1)  自立につながる10のスキル
3.知的障害(2)
4.言語障害構音
5.視覚障害 補足資料1 補足資料2
6.ASD(1)

7.ASD(2)言語訓練
8.LD・ADHD 補足
9.ASD(3)
10.肢体不自由 補足資料1 補足資料2
11.重度・重複障害
12 聴覚障害
13 病弱 資料 資料2



3.障がい学生支援部門


1.研究内容:29年度の取り組み
 (1)学習のユニバーサルデザイン
 障害のある子どもも含め、どの子も学びやすい学習条件や指導法について研究しております。資料は研究室資料のページへ。今年度も「学習活動と学習内容の自己評価を取り入れた授業モデル」の有効性を検証していきます。内容は講演や研修会で紹介しております。 

 (2)問題行動への対応モデル
 特別支援教育の視点による生徒指導、スクールワイドの積極的行動支援(ユニバーサルプログラムからの段階的な生徒指導)を研究しております。なお、講演で実践を紹介しています。資料は上記の研究室資料のページに「対応マニュアル」をはじめいくつかの資料があります。
 
 (3)発達障害親の会との連携事業
 発達障害親の会主催の事例検討会では、本人参加による個別の指導計画の作成と評価会議(支援会議)を実施しております。本人参加の考え方や手続き、スタッフ養成などについて、研究を進めております。

 (4)発達障害幼児への支援
 発達障害特性のある幼児に対し、早期療育の在り方を考えていきます。連携協力施設です。

 (5) Twice Exceptional(2E) Childrenへの対応
 高い能力と相反する能力を有し、特別な支援を要する子どもの実態把握と支援について研究します。関係する業績です

2.担当
 (1)教職大学院:第6領域「通常学級における特別支援教育」を担当しています。
 (2)学部:特別支援教育専修の科目「特別支援教育の本質と目標」、「特別支援教育総論」を担当しています。

3.障がい学生支援部門
 学生支援センターの障がい学生支援部門長です。特別な支援を必要とする学生への支援を提供する部門です。

 


業績一覧

ホームへ戻る