学年展 (かなで)

会期 平成23年5月20日(金)〜22日(日)

会場 新潟市西新潟市民会館 1階ギャラリー

主催 新潟大学教育学部書表現コース 平成22年度入学生一同



〜「奏」の由来〜

奏には、「集まる」、「成す」、「成し遂げる」という意味があります。
書を志す者として集まった16名の仲間が一人一人の個性を互いに響かせ、高め合う中で、団結し、
書道科の様々な活動を成し遂げられるようにという願いを込めて「奏」という学年名をつけました。




賛助作品

鶴田逸亭先生

岡村鉄琴先生

角田九闇先生




青木 捷悟 (岡山) 臨 爨宝子碑    石井 千晶 (新潟)  臨 王鐸 行書五律五首巻
一志 笙子 (長野)  奏逢    井出 拓朗 (長野)  中庸 
風間 あかり (新潟)      佐藤 佑香  (長野)  紀貫之のうた 
須藤 智美 (新潟)  老子句    高橋 美菜子  (秋田)  臨 黄州寒食詩巻跋 
武居 詩織  (長野)  山亭夏日    竹石 洸  (新潟)  友よ 
徳田 真奈美 (栃木)  夏目漱石詩    畑 麻衣子  (新潟)  杜甫詩 
三重野 文緒  (大分)  臨 建中告身帖    山藤 優紀恵  (広島)  臨 散氏盤 
和田 志穂理  (長野)  李白詩    渡邉 梓  (新潟)  若山牧水のうた