第3回 書展 暢 遊 〜臨書を中心として〜

 

会期 平成191116日〜18

会場 西新潟市民会館 1階ギャラリー

 

 

             三回目となる今回の書展は、これまでの書活動を省みて、より自己の書の幅を広げるべく

            臨書に立ち返り、「臨書を中心として」というテーマを掲げました。古典の多種多様な表情を

            それぞれに捉え、明確な狙いを持ち、『作品』という強い意識で取り組みました。

             この書展を今後の書活動の基とし、書の本道に則った作品制作に繋げ、また現代性のある

            個性的な作品の創造に努めたいと思います。

 

 

      伊澤  遵  臨 左繍叙        小口  裕  臨 蜀素帖

             臨 積時帖               臨 書譜

             臨 祭姪文稿              臨 争座位文稿

             「幽獨」                 「仁而威」

 

 

      十川 裕明  「霜飽樹」         馬場 隆徳  臨 何紹基 裴行儉衞公帖

                                 臨 継色紙

                                 臨 香紙切 (部分)

                                 

      ○会場風景                      いろづき

                                 スケアクロウ

      ○ポスター