彫刻専攻

彫刻専攻
彫刻専攻では、2年次に木、石、アルミ、鉄、粘土などの素材の扱い方を学び、
3年次に研究分野を決定し、専門的に素材と向き合っていきます。
時間をかけてモノに触れ合い、精神的にも充実した作品制作を目指して活動しています。
野外での活動も多い、アグレッシブな研究室です。

主な専門講義
彫刻論
彫刻作品の鑑賞を通し、より深い美術への理解を深めます。

空間造形表現A
一年を通した講義の中で、木材やアルミを素材とする作品制作を行い彫刻の基礎的な制作過程、
道具の扱い方などを学びます。

機能造形表現B・C
金属加工の実習を行い作品を制作します。

環境造形課題A
多様な環境における美術の在り方を模索し、地域に実践の場を移して作品発表を行います。
2009年にはアートプロジェクト・うちのDEアートにて制作発表を行いました。

新潟大学芸術環境講座へのお問い合わせ
〒950-2181
新潟市西区五十嵐2の町8050
教育学部芸術環境創造過程

(c)Niigata 2012 All Rights Reserved.
(画像・文章等の無断転載を禁じます/新潟大学美術科)

新潟大学-教育学部-学校教員養成課程/芸術環境創造課程-教科教育コース/造形表現コース (美術科)

新潟大学美術科
niigata-univ-art-cource