サイト内検索    
お問い合わせアクセスサイトマップEnglish
ホーム
受験生の皆さま
在学生の皆さま
学校・教育関係の皆さま
卒業生の皆さま
学内向け情報
現在の場所:  ホーム訪問者別メニュー受験生の皆さま ≫ 卒業生からのメッセージ
メインメニュー
 このサイトは学部広報委員会が管理・運営を行っています/研究室、附属校園の掲載情報は各運営者にお問い合わせ下さい/掲載内容の無断転載・二次利用を禁じます
〒950-2181
新潟市西区五十嵐2の町8050
新潟大学教育学部
広報委員会
TEL 025-262-7101
FAX 025-262-7122

 お問い合わせ お問い合わせ
Accessed : times
  卒業生からのメッセージ

学校教育課程
家庭科教育専修卒業生

濱岡 真美さん
会計検査院
平成20年度卒業 
出会いの中で刺激を受けて成長し、選択肢・可能性をより広げてほしい
 私は現在、会計検査院で働いています。教育学部から公務員?と思う方もいるかもしれませんが、多くの役所で教育学部出身者が活躍しています。それは法学部や経済学部に偏らず、幅広い分野の人材を求めているからです。入社半年を過ぎると出張の毎日です。会計検査院は国の税金の使い道を検査している独立官庁ですから、国の機関、都道府県の補助金、公共工事の現場など全国どこへでも検査に行きます。そのような中、大学で学んだことが仕事のベースになっていると気づくことも多いです。苦労して習得したexcelのスキルは社会人になってからとても役立っています。
 大学4年間、たくさんの出会いの中で刺激を受けて成長し、選択肢・可能性をより広げていって下さい。教育学部はその良いパートナーになると確信しています。


学校教育課程
障害児教育専修卒業生

中山 美波さん
東京都立城北特別支援学校
平成21年度卒業
興味をもったことに積極的に挑戦して、たくさんのことを考える機会を
 私は今、肢体不自由の特別支援学校の中学部で、普通学校に準ずる教育課程の学習グループの担任をしています。生徒の身体や心のケア、介助から教科学習まで、2年目になった今でも毎日が勉強で、大変な時もあります。しかし、生徒たちと過ごす時間はとても楽しく、充実した日々を過ごしています。
 私は高校の授業の中で特別支援教育に興味をもち、障害児教育専修に入学しました。大学の講義や教育実習、ボランティア、部活など様々な体験を通して、今の進路に決めました。在校生の皆さんには、学業含めて興味をもったことに積極的に挑戦して、様々な人とのかかわりの中でたくさんのことを考えていってほしいです。


学校教育課程
英語教育専修卒業生

小川 静香さん
越後さんとう農業協同組合

平成21年度卒業

温かいご指導と仲間たちの助け合いですごした充実の4年間
  新潟大学で過ごした4年間は私の人生の中で最も充実した時間でした。私が所属していた英語科は同期の学生が11人と、とても少人数なので、強い団結力がありました。実際に指導案を作り授業を行う模擬授業や、リスニング、スピーキングなどの実技的な授業ではなかなかうまくいかず苦労することもありましたが、先生方の温かいご指導と仲間たちの助け合いによって「次はうまくできるように頑張ろう」と自分を奮い立たせることが出来ました。
英語科にはこの他にも少人数ならではの魅力がたくさんありますし、先生方も豊富な知識と技術を私たちに与えてくださいます。英語科に入って損をすることはありません。それくらい自慢できる学科であると私は思います。

教職大学院

塩野文庫

新潟大学創立60周年、教育学部創立135周年を記念して

学部案内パンフレットのページへ

新潟大学教育学部の特徴と魅力

新潟大学のホームページへ

Copyright © Faculty of Education Niigata University. All Rights Reserved.