サイト内検索    
お問い合わせアクセスサイトマップEnglish
ホーム
受験生の皆さま
在学生の皆さま
学校・教育関係の皆さま
卒業生の皆さま
学内向け情報
現在の場所:  ホームトピックストピックス ≫ 【教育学部教授会声明】 教授会自治を奪う学校教育法の改訂に反対します
メインメニュー
 このサイトは学部広報委員会が管理・運営を行っています/研究室、附属校園の掲載情報は各運営者にお問い合わせ下さい/掲載内容の無断転載・二次利用を禁じます
〒950-2181
新潟市西区五十嵐2の町8050
新潟大学教育学部
広報委員会
TEL 025-262-7101
FAX 025-262-7122

 お問い合わせ お問い合わせ
Accessed : times
トピックス : 【教育学部教授会声明】 教授会自治を奪う学校教育法の改訂に反対します
投稿日時: 2014-05-16

新潟大学教育学部教授会声明

教授会自治を奪う学校教育法の改訂に反対します

 2014年4月15日、政府は「学校教育法及び国立大学法人法の一部を改正する法律案」を閣議決定しました。しかし、この法案は1947年に制定された学校教育法の教授会に関する規定(第93条)について、教授会の審議すべき事項を、「教育研究に関する重要な事項で、学長が教授会の意見を聴くことが必要であると認めるもの」とし、教授会は「審議」することができるものの、学長や学部長等が求めた場合にのみ意見を述べることができる、とするものです。
 憲法23条に保障された『学問の自由』の具体的あり方が『大学の自治』です。このことから現行の学校教育法では、大学の基本的組織を学部とし、大学に重要な事項を審議する教授会をおかねばならないとしています。このことが教授会の自治として、学部の基本理念の決定や教員人事、学部長人事を行ってきた根拠です。
 昨年10月の教育学部教授会で、「ミッション再定義」に関わる大学側の意向と教育学部の意向とが大きく異なった時、下條前学長が3つの約束をせざるを得なかったことも教育学部教授会の自治があったからのことです。
 政府が国会で成立を目指す学校教育法と国立大学法人法の改定は、この大学の学問の自由と自治、教授会自治を奪い、政府や文部科学省の意向を反映する「学長のリーダーシップとガバナンス強化」を進め「学長とビジョンを共有する学部長指名」「教授会の審議事項の限定」などの重大な事態を招き、大学の理念を根底から覆すに等しいものです。
 学問への情熱と大学自治の理念を共有しているからこそ我々大学人は、日々の研究や教育、社会貢献に専心することができます。今回の法案改定の動きは、大学人の情熱や理念、長年培ってきた大学の知的財産を奪い去ろうとするものであり、我々は強く反対します。

2014年5月15日
第77回新潟大学教育学部教授会

※ 下條学長の3つの約束
  1. 新課程を廃止して教員養成課程に組み入れる場合、教育学部の意思を尊重して、教育・研究条件を守ること
  2. 教職大学院の設置に伴う教員定員については大学として協力すること
  3. 教職大学院の設置内容および人事については学部の意思を尊重すること


教職大学院

塩野文庫

新潟大学創立60周年、教育学部創立135周年を記念して

学部案内パンフレットのページへ

新潟大学教育学部の特徴と魅力

新潟大学のホームページへ

Copyright © Faculty of Education Niigata University. All Rights Reserved.