サイト内検索    
お問い合わせアクセスサイトマップEnglish
ホーム
受験生の皆さま
在学生の皆さま
学校・教育関係の皆さま
卒業生の皆さま
学内向け情報
現在の場所:  ホーム就職情報就職にむけて一般企業・公務員関係 ≫ 一般企業をめざす方へ
メインメニュー
 このサイトは学部広報委員会が管理・運営を行っています/研究室、附属校園の掲載情報は各運営者にお問い合わせ下さい/掲載内容の無断転載・二次利用を禁じます
〒950-2181
新潟市西区五十嵐2の町8050
新潟大学教育学部
広報委員会
TEL 025-262-7101
FAX 025-262-7122

 お問い合わせ お問い合わせ
Accessed : times
  就職情報

● 一般企業
 
一般企業への就職の魅力は「幅広い選択肢」でしょう。自己をしっかりと分析し、「自分の軸」を見定めたうえで、希望する企業を選択しましょう。
 
(1)自己分析
 しっかりと自己分析をした上で就職活動をする理由は「就職後のミスマッチを起こさないようにするため」、「自分という商品を説明するため」です。
就職活動は自分を売り込むことです。
「自分」という商品は何が「ウリ」で何が「マイナスポイント」なのかを理解し、採用担当者に説明しなければなりません。そのためにまず自己分析を行い、自分自身のことをしっかり理解することが大切です。
 
(2)業界研究
 一般企業とひとことで言ってしまえば簡単ですが、日本には数多くの企業が存在し、企業で行っている事業内容も全く違います。まず世の中にどんな業界が存在しているのかを知りましょう。そして自分が興味を持った業界を深く掘り下げて研究しましょう。
 
(3)職種研究
 業界研究と同じくらい大切なのが職種研究です。職種は自分の興味や能力が大きく影響されます。職種の違いを知ることで自分を最も活かせる仕事に近づくことができます。
色々な職種を調べ、自分の興味や能力と結び付け、自分の働く姿がしっかりとイメージができるように情報収集しましょう。
 
(4)企業研究
 ある程度興味の湧く業界や職種が見つかったら、企業研究をしましょう。企業理念、社風や社員の雰囲気、求める人物像等を確認し、実際に働く企業を選ぶための情報収集を行いましょう。
 
 自己分析・業界・職種・企業研究を紹介しましたが、現在は就活情報サイトが充実しています。まずは就活情報サイトや興味を持った企業のサイトを訪問して、情報を得てみてはいかがでしょうか。
 
 就職活動には、だいたいの流れがあります。
それに合わせてある程度準備を進める必要があります。しかし、志望する業界や地域や企業によって差がありますので、流れにとらわれ過ぎずに柔軟に対応できる心構えも必要です。長期的な活動ですので、自分に合った就職活動の方法を選択しましょう。

・進路相談
 新潟大学では、キャリアコンサルタントを配置し皆さんの進路相談に対応しています。就活や進路について、少しでも不安に思うことがありましたら気軽に相談してください。
人に話すことで整理ができたり、すっきりすることもあります。他人に聞かれたくない、じっくり話を聴いて欲しい場合は個別相談も可能です。事前予約のうえ利用してください。
キャリアセンターTEL 025-262-6087025-262-7889


自己分析情報サイト
 
 
業界研究・職種研究・企業研究情報サイト
 
 
その他参考
SPI対策

教職大学院

塩野文庫

新潟大学創立60周年、教育学部創立135周年を記念して

学部案内パンフレットのページへ

新潟大学教育学部の特徴と魅力

新潟大学のホームページへ

Copyright © Faculty of Education Niigata University. All Rights Reserved.